ombora-to days

aromacoco.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 07日

こころのどこかに。

聖路加国際病院、副院長で、
小児科部長の細谷亮太先生の、
講演会がありました。

先生は、40年間以上最前線で、
小児がんの治療をされ、

ドキュメンタリー映画、
「大丈夫。―小児科医・細谷亮太のコトバ」や、

多くの著書があります。

穏やかに語られるひとつひとつの言葉に、
多くの子供達の、
いのちと向き合ってこられた先生の、
苦悩や、悲痛、そして喜び...を
感じずにはいられませんでした。

先生の著書にもあるように、

「幼かった自分のこと、そして、幼い人たちのことを、
こころのどこかで考えてください。そうすると、ふしぎとやさしくなれます」

この言葉が、心にしみます。




a0197605_83760.jpg


暮しの手帖に連載されている、
細谷先生の、
「いつもいいことさがし」

もう一度、読み返してみようと思います。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2013-10-07 23:55 | ombora-to days


<< りんどう      金木犀 >>