ombora-to days

aromacoco.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 02日

香料の健康影響

a0197605_1812070.jpg


鮮やかなバジルの緑に、
夏への名残惜しさも感じながら、



a0197605_1813549.jpg


保存用のジェノベーゼ作り。

寒い冬でも、ハーブの王様、
バジルの力強い香りを楽しめる。





さて、昨日は、

空前の香りブームに潜む危機?!
「香料の健康被害」
の講演会に参加してきました。

全国の消費者生活センターには、
柔軟剤の香りをかいで、
気分が悪くなったり、頭痛がしたなど...

相談件数が、5年前の5倍に急増しています。



香料の健康影響に関する研究データや論文をもとに、
お話していただきました。

アレルゲン、喘息、神経毒性、
内分泌かく乱作用、変異原性 発がん性などが、
指摘される合成香料の怖さ。

一つの製品に使われている香料は、
50から300種類にもかかわらず、

その消費製品の表示が、
”香料”だけという事実。

身の回りには、必要のない香りが、多過ぎることを、
日々痛感します。

もちろん、天然の香りに関しても、
植物だから安全ということではないをこころに留めながら、

これからも、アロマセラピー、石けんづくりと、
真摯に、向き合っていきたいと思いました。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2014-10-02 18:45 | ombora-to days


<< ワークショップのお知らせ      秋 つれづれ。 >>