ombora-to days

aromacoco.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 21日

シュトレンのはずが...

a0197605_10454553.jpg


多仁亜さんのシュトレンのレシピが、
掲載された、暮しの手帖を、
買って見たのは、確か、11月の終わり。


「日ごとに味わいが深くなります。

 難しくはないので、是非手作りの味を知ってほしい...

 この不思議な形は、
 白いおくるみに包まれた幼子キリストを模している...」


毎年、買って食べていたシュトレンだったが、

そんな文章に背中を押され、
今年は、ドライフルーツやスパイスたっぷりの、
幼子のおくるみのように、
かわいらしいぷっくりなシュトレンを、焼こう!



あれから忙しさにかまけて、
すっかり、後回しにしていた。

そろそろ作ろうと思い立った今日、
もう一度レシピを確認すると、
出来上がりに、3日間、
それから、1週間ねかせてから、食べごろに。

今日作っても、食べ頃は、クリスマス過ぎになって、
間に合いそうもないことに、今頃気づく私。




シュトレンは、今年も、
プロが作ったおいしいものを買い求める事にして、、、



a0197605_10411762.jpg

シュトレンのために買いそろえていた、
オーガニックのドライフルーツや、ナッツは、

アプリコットや、クランベリー、レーズンに、
オレンジピール、胡桃やアーモンド。


a0197605_10405173.jpg

あらら...
シュトレンが、ドライフルーツのパウンドケーキに。


こちらは、1日ほど寝かせば、
さらにしっとりと。

私が作るケーキにしては、
珍しくレシピ通り(苦笑)

お陰で、バターが効いて、甘めで濃厚。
薄くスライスして、珈琲に合う味になりました。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2014-12-21 15:00 | ombora-to days


<< ボルシチ      香りと音楽で。 >>