2015年 03月 03日

雛まつり

紅花商人で栄えた旧家に伝わる、
江戸時代のお雛様を見て来ました。


a0197605_10151922.jpg


当時、京都や大阪へ、北前船で出荷された紅花。

その紅花で染められた豪華な装束。

時代を経ても、色褪せることない、
紅色の美しいこと。

富の象徴として、
今も大切に受け継がれている、
お雛様が醸し出す美しさに、うっとり。






a0197605_1015464.jpg


一方こちらは、

高価なお雛様を手に入れることが、
出来ない一般の人々が、我が子への想いを込めて、
余り布を使って作られたつるし雛。

ひとつ、ひとつの形に、
想い、云われがあるそうです。

どちらも、親の子を想う気持ちが込められたお雛様。



今日は、おひな祭り。

そんな季節の節句を大切に、
我が家も、ささやかながら、
お祝いしましょう。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2015-03-03 11:20 | ombora-to days


<< 春のおもてなしの和菓子      青文字の木 >>