ombora-to days

aromacoco.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

サボンジェム

無花果。
甘露煮やワイン煮でいただいても、
おいしいですが、生でいただくのも大好きです。

漢字を見ると、
花が咲かないのではなく、
食べている部分が花軸の部分だそうです。
そう言えば、なかに、
無数の白い花がありますよね。

a0197605_13362725.jpg





先日、藤崎デパートで買い物を済ませ、
帰り際に、1階のエスカレータ脇で、
目を奪われてしまったものがありました。

宝飾品にあまり興味のない私ですが、
そのあまりにも大きく、美しい原石が、
展示ケースに並べられていましたので、
つい立ち止まってしまいました。

ところが、宝石だとばかり思って、
見ていた物は、実は、石けんでした。

まさに、本物の宝石と見間違う程のクオリティ。
ひとつ、ひとつ手に取って、
香りも確かめることが出来ます。

香りは、結構強め。
伺ったところ、
合成の香料も使用されているようです。

わたしが石けんに求めるものとは、
違うかなとも思いますし、
使ってみたいと思うかはさておき、
芸術品ともいっていいほどの美しさです。

是非、お買い物ついでに、
宝石に心動かされることのない方も、
ご覧になってみて下さい。

9月27日〜10月2日まで、
藤崎デパート 1Fエスカレーター脇


宝石石鹸「サボンジェム」
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-30 15:49 | ombora-to days
2012年 09月 29日

ミネラルたっぷり。


ヒマラヤピンク岩塩です。
a0197605_21213724.jpg


ヒマラヤ山脈の高度3000m〜4000m付近の、
地中から産出された天然の岩塩です。

このピンク色は、鉄分の含有されてるしるし。
この鉄分が多いほど、
ピンクソルトの甘みが増し、まろやかになります。


a0197605_2130279.jpg


ミネラル分がたっぷりのソルトを使って、
ハーブバスソルトのサンプル作り。

ハンドバス、フットバスにおすすめです。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-29 21:32
2012年 09月 28日

生麩

金沢では、麩を加賀料理によく使います。

四季折々の細工麩や、すだれ麩、生麩などを取り扱う、
お麩の専門店もあります。


a0197605_17245998.jpg


お料理に使う生麩も、おいしいですが、
生麩のおまんじゅう、これも大好きです。

仙台では、
手に入らないな〜と、
思っていましたら、見つけました。

生麩のもちもちも、ちょっとの塩加減も、
粒あんの甘さも、ほどよくて、
なかなかのもの。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-28 18:00 | ombora-to days
2012年 09月 27日

ゲランドの塩

澄んだ空気、定禅寺通りの、
けやき並木からこぼれる光が、
輝いて見える秋の1日。

食卓にも、
収穫の秋、北海道産のかぼちゃが、
よく登場します。




a0197605_15432647.jpg


チーズとかぼちゃの濃厚なソースで、
いただくパスタ。





ここのところ、
10月に控えている、
イベントやワークショップの準備や試作に、
取りかかっています。


a0197605_1543522.jpg


これからの季節の必需品、
ハンド&フットバス用ソルトに使う、
ゲランドの塩です。


お料理に使うと、
素材のおいしさを引き出してくれ、
味の違いは、明確。


フランス・ブルターニュ半島、ゲランドの塩田で、
熟練の塩職人(パリュディエ)が、9世紀以来、
機械をほとんど使わない伝統製法で、
作り続ける本物の海の塩。

ミネラル成分がバランスよく含まれた海塩です。


ゲランドの塩は、
フランス有機農業推進団体「ナチュール・エ・プログレ」から、
認定マークを授けられています。

このマークの獲得には、周囲の環境保護や添加物の禁止など、
数々の厳しい項目をクリアしなければなりません。


そんなゲランドの塩を使って作るバスソルト。
精油のブレンドを考えるのも、楽しくなります。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-27 16:24
2012年 09月 25日

秋本番。

季節はすっかり、秋に移り変わり、
あわてて、秋物を引っぱり出したり、
クッションカバーやテーブルクロスを、
替えたりしています。


そして、
温かいお茶と和菓子も、
おいしくいただけるようになりました。

a0197605_19182517.jpg


a0197605_1918397.jpg



実りの秋もこれからが本番。

季節の深まりと共に、
この季節ならではの楽しみを見つけて、
大切にしていきたいと思います。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-25 19:46 | ombora-to days
2012年 09月 23日

いろんな出会いがありました。

雨の日曜日になりました。

昨日は、秋晴れの1日、
井戸端横丁での出店、無事終わりました。

いらして下さった方、
お買い上げ下さった方、
本当にありがとうございました。




a0197605_1720388.jpg


練り香の、Herbの香りのブレンドが、
好評でした。


お母さまと、姉妹でお買い物にいらした方は、
お一人ずつ違う種類の石けんを、
楽しそうにお買い求め下さいました。


また、初老の男性の方、
石けんをゆっくりご覧になって、
お二つを選んで、買われました。
奥様に、それともお嬢さんに。
いえ、ご自身でお使いになるのかもしれません。


ombora-to soapが、
日々の暮らしのなか、
心地いいひとときのお手伝い、
しっかりお役にたてていることを心から願います。



また今回も、お見舞いにと、
買って下さった方が、いらっしゃいました。

お知り合いの80歳の方が、入院されていて、
気持ちがふさいでいらっしゃるので、
お見舞いに、お花も考えたんだけど...
とお話をされながら、

かわいいピンクのタオルハンカチと、
ラベンダーせっけんのセットを、お選びになりました。



a0197605_17111019.jpg


ラベンダーせっけん。
今年の初夏に採れた、
生命力にあふれたラベンダーの芳香蒸留水を、使っています。

そして、ラベンダーの香りは、
本当に鎮静効果に優れています。

お気持ちの揺れも大きい入院生活、
少しでも、心落ち着かせられるひとときがあることを、
心から願います。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-23 17:25 | ombora-to days
2012年 09月 21日

季節にまたがって。

石けんづくりに使うために、

月桂樹(ローリエ)
カレンデュラ 
ローズマリー 
ラベンダーの浸出油を作りました。

a0197605_16502965.jpg


秋も深まってくる頃には、
脂溶性の成分が、たっぷり浸出されたオイルができあがります。

この期間を含めれば、
石けんは、2ヶ月以上の時間をかけて、作ります。

生活のいろんな場面に、
クイックや時短わざが、紹介されて、
便利ではありますが、

石けんづくりのように、
ゆっくり時間をかけて出来上がっていくもの。

出来上がりのその時に思いを馳せながら、
手をかけてひとつひとつの工程を、楽しむ。

そんなところが、
わたしには、合っているのかもしれません。






a0197605_17282440.jpg


さて、こちらは8月に仕込んだ、
Herb&Herb と GREEN LEAF。

しばらく、作っていなかった石けんですが、
ハーブと樹木の、
やさしさや、力強さを感じられる、
やはり、大好きな香りブレンドの石けんです。

こちらも、
10月の秋のイベントには、お持ち出来ると思います。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-21 17:46 | ombora-to soap
2012年 09月 20日

週末は、井戸端横丁です。

毎年この時期に、
加賀百万石展が、開催されます。

この笹寿司は、5月のお旅祭りに、
各家庭で作るお寿司。

子どもの頃は、お寿司の上に、
山椒やレモンをのせたり、
出来上がった笹寿司を、
親戚に届けるお手伝いをしたものです。

このお祭りは、
子供たちが、
歌舞伎を、曳山の上で演じたり、
町内会ごとの子供獅子舞などがあって、
伝統芸能を守る、趣きのあるお祭り。

笹寿司をいただくと、
母の笹寿司の味と、
獅子舞のお囃子と、曳山子供歌舞伎の場面を思い出します。



a0197605_1546591.jpg


a0197605_1546432.jpg


a0197605_15464341.jpg






さて、週末は、
井戸端横丁に参加します。

日時  9月22日 土曜日
    10時〜16時

場所  泉セルバ2F 正面入り口周辺
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-20 16:28 | Event
2012年 09月 19日

その先の笑顔

a0197605_935026.jpg


我が家のベランダのハーブは、
手がかからず、とても丈夫な顔ぶれ。

久しぶりの雨の朝、
連日の残暑から、しばし解放されて
さすがに、ちょっと一息ついているよう...





さて、わたしのブログを見てくれた友人、
マルシェの日は、予定があって来れなかったのですが、
こんなメールをいただきました。



ブログ拝見しました。
多くの方が訪れて石けんを手に取ってくれて購入してくださり、
きっとたくさんの笑顔があったのだろうなあと想像がつく内容でした。

プレゼントで買ってくれた方は、
その先に受け取った方の笑顔があっただろうと思うと、
スーパーバイザー(いつから?)の私にとってもすごく嬉しいです!

うん、これからも石けんで幸せを届けよう!





彼女は、ombora-to soapのイベントには、
都合がつけば必ず、顔を見せてくれ、
時間があれば、一緒にお店番もして、
的確な説明もお手のもの。

というのは、
ombora-to soapのせっけんを、
毎日使ってくれていているのは、もちろんのこと、
新作が出ると、必ず使って感想を知らせてくれ、
彼女の周りの方にも、
いろいろ薦めてくれています。

そんなわけで、
ombora-to soapの石けんを、
すべて使い心地から、香りまで熟知しています。
まさに、へビーユーザー&スーバーバイザー。


そんな彼女が、
その先にあるその方々の笑顔を、こうして喜んでくれること、
ほんとうに、嬉しく思います。



さて、そんないろんな顔をもつ彼女。
ラジオのパーソナリティでもあります。
音楽通の彼女のこだわり選曲と、トーク。
 
OH! MY MUSIC ★HAKKO(4th)
是非、聴いてみて下さいね。


ミュージックファクトリー
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-19 10:27
2012年 09月 17日

盛岡正食会

連休の1日、
いかがお過ごしでしょうか?

泉マルシェも終わり、
束の間、ほっと一息ついています。




ところで、盛岡に、
「盛岡正食普及会」があります。


今でこそ、マクロビオティックという言葉は珍しく有りませんが、
第二次世界大戦のころに、すでにこれを提唱した日本人がいます。

思想家で、食文化研究家の桜沢如一さん(1893~1966)

彼が唱えた”正食”に基づき、戦後食べ物がない時代から、
日本の風土や体質にあった正しい食べ物を、提唱し続けてきた、
大変古い歴史を持つ、自然食品店です。

a0197605_11491531.jpg


a0197605_1149515.jpg

明治時代に建てられた、
黒漆喰の土蔵造り。

店内は、
太い梁や柱がみごとで、まさに歴史を感じます。
今もこうして、現存して営業していることに感激。




a0197605_11361092.jpg


先日の盛岡行きで、買ってきた、
ここで、作られているロシアビスケット。
くるみとレーズンです。

それはそれは、素朴。
けれど、噛みごたえがあって、
力強いおいしさをしみじみ感じます。

これだけを求めて盛岡に来る人もいるのが、
納得できるような。。。




地に足をつけて作り続けて来た、
味を味わいながら、
これから控えているイベントに向けて、
いろいろ思いを巡らすひととき。


さあ、また頑張ります。
石けんイベントの準備、
アロマセラピーのワークショップや、講座の、
それぞれの試作と準備、
そして打ち合わせ、事務手続きなど、

どれもが、楽しくさせていただけること。
お声をかけて下さった方々や、
いつも温かく支えて下さる方々に、
こころから、感謝です。
[PR]

by hidamari-cocochi | 2012-09-17 12:41 | ombora-to days